札幌の都市型急性期病院 国家公務員共済組合連合会 「斗南病院」

所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3-8
アクセス
札幌駅から徒歩5分 地下鉄大通駅から徒歩10分

TEL 011-231-2121 FAX 011-231-5000

研修の様子

斗南病院

住 所

〒060-0004
北海道札幌市中央区北4条西7丁目
3-8

札幌駅から徒歩5分
地下鉄大通駅から徒歩10分

お問い合わせ番号

TEL 011-231-2121 FAX 011-231-5000

診療受付時間

午前/8:00~11:00
午後/12:30~15:30
※受付時間は、曜日、診療科によって異なります。

斗南病院研修症例検討会

斗南病院研修症例検討会について

斗南病院研修医症例検討会とは、発表、当日の司会進行など研修医主導で行われる症例検討会です。

平成30年度 斗南病院研修医症例カンファレンス

  • 第1回5月24日 司会:石畠彩華 先生
    演題1:南ひかり 先生(放射線診断科)『外傷性仮性動脈瘤出血に対しTAE(動脈塞栓術)を施行した一例』
    演題2:吉田匠汰 先生(血液内科)『18F-FDG PET/CTが治療関連骨髄異形成症候群の診断の契機となった一例』
  • 第2回6月5日 司会:矢ヶ部俊彰 先生、佃彰文 先生
    演題1:矢ヶ部俊彰 先生(循環器内科)『Stanford B型偽腔閉塞型急性大動脈解離の一例』
    演題2:佃彰文 先生(リウマチ・膠原病内科)『下肢動脈閉塞をきたしたSLEの一例』

平成29年度 斗南病院研修医症例カンファレンス

  • 第1回5月29日 司会:富田祐介 先生
    演題1:田中秀五 先生(外科)『非外傷性脾破裂を契機に発見された慢性骨髄性白血病の1例』
    演題2:佐藤累 先生(糖尿病内分泌科)『低カリウム性ミオパチーで受診した原発性アルドステロン症の1例』
  • 第2回6月12日 司会:田中秀五 先生
    演題1:稲村衣美 先生(消化器内科)『上腸間膜症候群の2例』
    演題2:長島加奈 先生(循環器内科)『肺血栓塞栓症(Cardiac arrest Collapse型)の一例』
  • 第3回7月10日 司会:長島加奈 先生
    演題1:南ひかり 先生(糖尿病・内分泌内科)『全身倦怠感・食欲不振をきたした続発性副腎不全の1例』
    演題2:白鳥翔也 先生(外科)『イレウスに起因した敗血症性心筋症の1例』
  • 第4回8月14日 司会:白鳥翔也 先生
    演題1:石畠彩華 先生(外科)『慢性膵炎に伴う仮性背側膵動脈瘤破裂の一例』
    演題2:斎藤京史郎 先生(腫瘍内科)『FOLFOX療法+腹腔内PTX治療が著効した腹膜播種合併胃癌の2例』
  • 第5回10月10日 司会:南ひかり 先生
    演題1:白鳥翔也 先生(消化器内科)『慢性膵炎および膵石に起因した膵性腹水の一例』
    演題2:佐藤塁 先生(リウマチ・膠原病内科)『診断に難渋したNP-SLE(Neuropsychiatric SLE)の2例』
  • 第6回11月13日 司会:白鳥翔也 先生
    演題1:斎藤京史郎 先生(循環器内科)『腎動脈狭窄に起因する再発性うっ血性心不全(Cardiac Destabilization Syndrome)の一例』
    演題2:石塚桃子 先生(腫瘍内科)『分子標的治療薬多剤耐性の腎細胞癌にニボルマブが著効した一例』
  • 第7回12月11日 司会:齋藤京史郎 先生
    演題1:田中秀五 先生(消化器内科)『幽門狭窄で発症した異所性膵癌の一例』
    演題2:伊野永隼 先生(消化器内科)『慢性腸管虚血に対し血管内治療及び、早期胃癌に対し内視鏡治療を行った1例』
  • 第8回1月9日 司会:伊野永隼 先生
    演題1:石塚桃子 先生(糖尿病・内分泌内科)『鑑別診断に苦慮したACTH依存性Cushing症候群の1例』
    演題2:西野慶 先生(リウマチ膠原病科)『小脳梗塞と下垂足から発症した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例』

TOP

斗南病院 卒後臨床研修センター

Copyright (C) TONAN HOSPITAL All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ