専門看護師・認定看護師のご紹介

専門看護師・認定看護師は、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかります。

< 専門看護師 >

がん看護専門看護師

持田 直子
緩和ケア認定看護師
(がん診療サポート室 副看護師長)

がん看護専門看護師は、主に「がん患者さんやご家族の不安・困りごとなど相談の対応」「チーム医療で活動する時のメディカルスタッフ間の意見調整」「看護師からの相談の対応や指導・教育」などの役割があります。
私は、がん診療サポート室や緩和ケアチームに所属しがん看護専門看護師として活動しています。例えば、痛みなどの症状をマネジメントするサポートをしたり、告知、治療・療養場所の選択における精神的なつらさや苦しみに対してトータルケアを行えるように医師をはじめとする他職種と連携し、患者さんの抱える困難な問題の解決に努めます。また、がん看護の質向上のためにスタッフ教育を行っています。がんと共に生きている方やそのご家族の苦痛が少しでも和らぎ、望む生活が送れるような支援をスタッフとともに行いたいと思っています。どうぞお気軽にお声をかけてください。

急性・重症患者看護専門看護師

高柴 美幸
集中ケア認定看護師
(ICU)

急性・重症患者看護専門看護師、集中ケア認定看護師は、緊急度や重症度の高い患者に対して集中的な看護を提供し、患者本人とその家族の支援、医療スタッフ間の調整などを行い、最善の医療が提供されるよう支援することを役割とし、私は、日々ICUで勤務しながら活動を行っています。
ICUには、手術後の患者様や院内急変で転棟となった患者様が入院されていますが、その患者様がICU入院中には安楽に過ごすことができるように、また、一日でも早く社会復帰ができるように援助しています。患者様のご家族の方の不安が少しでも和らぐように声を掛けさせていただいています。
重篤化してしまっている患者様にはフィジカルアセスメント(身体査定)が非常に重要になってきます。急性期病院である当院は、ICUに限らず、病棟や外来にもフィジカルアセスメントの能力は必要になってきますので、研修会の開催などを実施して知識の普及に努めていきたいと考えています。
患者様やご家族の方の望む看護が受けられるように取り組んでまいりたいと思っておりますので、お気軽に声をかけて下さい。
 

佐藤 環
救急看護認定看護師
(6階病棟 救急外来専任)

救急看護認定看護師は、予期せずに突然発症した疾病に対してだけではなく、慢性的な経過にあった疾患が急激に悪化した際に、迅速かつ高い技術力を用いて、適切な看護を提供することを目的に活動する看護師です。刻一刻と変化していく患者さんの病態を把握するためには、フィジカルイグザミネーション(身体診察)によるフィジカルアセスメント(身体査定)能力が必須であり、日々の研鑚が重要と考えています。
また、急性重症患者看護専門看護師として、急性期にある患者さんとご家族が危機的状況に置かれている点を十分理解し、身体・精神・社会的状況をアセスメントし、より良い支援をしていくことを大切にしています。倫理的感性を高くもち、チーム一丸となって患者さんに最善のケアを提供したいと考えています。急変対応や蘇生技術、外傷・災害看護、家族ケアなど救急医療に関してご興味があれば、お気軽に声を掛けて頂けたらと思います。
 

 

< 認定看護師 >

皮膚排泄ケア認定看護師

加藤 奈美(9階病棟 看護師長)
大澤 恵子(褥瘡管理室 副看護師長)

皮膚・排泄ケアは、患者さんの皮膚や排泄状況をアセスメントし、退院後の生活を見据えたケアを中心に行っています。
他職種との連携も多岐にわたっており、褥瘡(じょくそう)対策管理室、ストーマケア、排尿ケアチームなど様々な活動を行っています。
褥瘡対策管理室としては、床ずれや傷などを、医師、理学療法士、栄養課、薬剤課、退院支援などで介入し早期に改善できるよう活動しています。さらに、「ストーマ(人工肛門・膀胱)外来」ではストーマを造設される方・された方へ、定期的な状態観察および日常生活援助を行っています。排尿ケアチームは、排尿障害にある患者さんへのケアについてアセスメントし、入院中に変化が生じた排泄ケアについて介助者を含めて検討しています。
化学療法センターや放射線治療科とも連携を図り、抗がん剤や放射線治療における皮膚障害のケアについても相談に乗っています。看護の基本となるスキンケアや排泄ケアについて、院内院外を問わず活動していますのでお気軽に声をかけてください。
 

緩和ケア認定看護師

小野寺 由香(患者支援センター 副看護師長)

退院支援専従看護師として患者支援センターで勤務しています。私の役割は、「入退院支援・退院調整」「地域連携」を充実させることです。当院では、多くのがん患者さんが通院、入院して治療を行っています。緩和ケア認定看護師として、通院や入院、そして在宅などのすべての場面において、多くの問題を抱えた患者さんやご家族の苦痛の予防と軽減を図るためのお手伝いをしたいと思っています。
「その人らしい生活」を送るための良きサポーターとなり得るよう、院内各部署のスタッフや、地域の医療・介護支援に携わる方々と、「顔の見える連携」をはかり、患者さん・ご家族の思い(希望)に沿った支援を心がけていきます。
 

がん化学療法看護認定看護師

光野 薫(8階病棟 看護師長)
経田 香織(外来化学療法センター 副看護師長)

がん化学療法は、分子標的治療薬の登場や支持療法の進歩により、治癒を目指す治療から症状緩和の治療とあらゆる目的で行われるようになりました。
私たち、がん化学療法看護認定看護師は、化学療法を受ける患者さんが安全により安心して治療を継続できるように、
環境を整え、患者さん中心の治療を受けられるように支援する役割を担っています。
また、治療経過を通して、医師・看護師・薬剤師・メディカルソーシャルワーカー・理学療法士など、多くの医療者が協働して、患者さんがより良い生活を送れるように日々支援をしています。治療内容や治療に関する気がかり、ご質問ご相談はいつでもお受けしますので、お気軽にお尋ねください。

 

感染管理認定看護師

三宅 隆仁(医療関連感染対策室副師長)

私は2007年7月に感染管理認定看護師を取得し、院内感染対策チームの一員として患者さんや面会の方々、病院職員を医療関連感染から守るために日々活動しています。「医療関連感染」とは、患者さんが医療施設内で原疾患とは別に新たな感染症に罹ってしまうことを言います。
医療関連感染に罹ってしまうと、患者さんは発熱や痛みといった身体的苦痛を感じるだけではなく、入院期間の延長による精神的苦痛や経済的苦痛を受けることにもなります。そのため、患者さんが医療関連感染に罹ることなく、安全で快適な入院生活を送ることができるよう、影ながらサポートさせていただいています。
2009年に大流行した新型インフルエンザ(A/H1N1 pdm09)や2015年に韓国で流行した中東呼吸器症候群(MERS)のように、感染症は、いつ、どこで発生するのか誰にもわかりません。移り変わる医療の現状を察知し、患者さんが安心して入院生活を過ごすことの出来るよう、病院職員と連携して感染管理活動を行っていきたいと考えています。
 

不妊症看護認定看護師

尾形 留美(婦人科外来)

お子様を希望されていてもなかなか授からないご夫婦へタイミング療法や人工授精などの一般不妊治療から体外受精、顕微授精など高度生殖補助医療まで幅広い不妊治療を行っています。不妊は治療すれば必ず結果が伴う治療ではありません。だからこそ、治療内容を理解して、お二人が納得して治療を選択しなくてはなりません。不妊症認定看護師はそのために必要な情報の提供、治療内容の説明、気持ちの整理のお手伝いをいたします。おひとりで悩んだり傷ついたりせず、ぜひご相談ください。
また、将来妊娠を望んでいる女性や男性で、これから病気の治療によって妊娠がしにくくなる(妊よう性の廃絶)可能性がある方へ精子や卵子、受精卵の凍結保存や卵巣組織凍結などの妊よう性温存に関するご相談も行っております。
  

集中ケア認定看護師

加治 ますみ(6階病棟)

集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機状態にある患者さんに対し、重症化や二次合併症を予防するために、患者さんに起こっている変化を的確に捉え質の高い看護ケアを提供することです。また、重篤な患者さんのご家族は、不安や緊張が高まっている状態にあるためその支援も重要な役割の一つです。私は、現在一般病棟に所属しており、フィジカルアセスメントやモニタリングを活用しながら、急性期の患者さんに対し専門的なケアを提供しています。高齢化に伴い、多重疾患を抱え病態が複雑化、重症化する患者さんが多く入院されるようになり、今まで以上にフィジカルアセスメントの能力が求められるようになりました。看護スタッフがそれらの知識・技術を身につけ活用できるように、他の認定看護師と協働して活動したいと考えています。