平成27年度 国家公務員共済組合連合会斗南病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 275 111 165 353 585 813 1623 1607 811 100
Ⅰ定義
  ①平成27年度に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
  ②年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。
Ⅱ解説
平成27年度に当院を退院した患者さんの平均年齢60.8歳、最も多い年代は60歳代となっております
当院は、『地域医療支援病院』として幅広い年齢層の患者さんを診療しております。
中でも、『北海道がん診療連携指定病院』として、がんの治療を積極的に行っていることから60歳
以上の割合が多くなっております。
また、形成外科において乳幼児の割合が多くなっております

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 105 11.0 9.2 0.0 72.3
060100xx03xx0x 良性腫瘍を含む、小腸大腸の良性疾患 67 3.0 2.8 0.0 63.4
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 39 10.9 10.9 2.6 74.7
≪解説≫
  当科では、食道・胃・大腸の病気に対する内視鏡検査やITナイフによる早期癌の内視鏡治療を,国立がんセンター中央病院
 (東京)と連携を保ちながら最新技術を提供しています。 「苦痛のない,精度の高い内視鏡検査と治療」を目指し、早期の
  胃がんの内視鏡治療や大腸ポリープの内視鏡治療を多く行っています。
  外科や腫瘍内科と協力して分子標的薬剤による化学療法、腫瘍切除など集学的治療を行っています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x4xx 虫垂を含む結腸の悪性腫瘍(エルプラット等) 50 6.1 4.3 0.0 67.1
060035xx99x30x 虫垂を含む結腸の悪性腫瘍(カンプト等) 49 7.3 5.5 0.0 67.9
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 45 7.1 6.7 0.0 60.5
≪解説≫
 当科は消化器がん,乳がん,肺がん,卵巣がんなど固形がん全般に対する抗がん剤治療と緩和医療を専門とする診療科です。
 その中でも,消化器病センターの一員として消化器がんの抗がん剤治療を担っていることから,大腸がん,胃がんの治療件数が
 上位を占めています。当科では適切な標準治療を提供するばかりでなく,数多くの臨床試験,治験などに参画してよりすぐれた
 治療の開発にも取り組んでいます。
 また,腹膜播種を伴う胃がんに対する腹腔内化学療法を先進医療の枠組みで行っています。
膠原病・リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 45 18.8 18.2 0.0 54.8
070470xx99x5xx 関節リウマチ 45 4.6 6.7 0.0 68.7
040080x099x0xx 15歳以上の肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 19 25.6 14.3 5.3 69.8
≪解説≫
 当科では、膠原病類縁疾患・関節リウマチ、膠原病などのリウマチ性疾患を専門としています。レミケードなどの生物学的製剤の点滴
 投与を短期入院で行っています。
 また、免疫抑制療法や生物学的製剤に伴う合併症の対応をしています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 糖尿病性ケトアシドーシスを除く、2型糖尿病 30 18.1 15.3 0.0 62.9
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 - - 6.5 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 - - 14.2 - -
≪解説≫
 糖尿病・内分泌内科であり、最も入院症例が多いのは2型糖尿病となっています。また、原発性アルドステロン症の簡便なスクリーニング
 方法が一般化したこともあり、副腎皮質腫瘍の精査入院もみられます。糖尿病は年齢や患者背景が多様でクリニカルパスを利用するこ
 とが困難ですが、今後前向きに検討したいと考えています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫(手術なし) 31 49.3 17.7 0.0 73.6
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫(手術あり) 21 62.6 36.9 4.8 68.0
130110x0xxx0xx 16歳以上の出血性疾患 - - 18.5 - -
≪解説≫
  当科においては血液悪性腫瘍の患者が大半を占めています。特に非ホジキンリンパ腫が多くを占めていますが、これは当科の特色と
  いうよりは血液悪性腫瘍において非ホジキンリンパ腫が圧倒的に頻度が高いことによるものです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 19 4.2 6.0 5.3 74.2
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 14 6.4 4.9 0.0 71.5
050130xx99000x 心不全 11 21.3 18.3 18.2 82.5
≪解説≫
  循環器内科では、他疾患で当院通院中や他の医療機関からのご紹介の入院が多く、下肢閉塞性動脈硬化症や労作性狭心症など
  の動脈硬化症疾患やうっ血性心不全などの治療を行ってきました。平成28年度からは、循環器救急を開始し、急性冠症候群や急性
  心不全などを含む急性期の循環器疾患にも積極的に対応したいと考えています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 21 2.0 3.3 0.0 74.2
040080x099x0xx 15歳以上の肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 13 13.0 14.3 7.7 72.0
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 21.7 - -
≪解説≫
  当科では、肺炎などの呼吸器感染症の診断と治療を行っております。
  また、肺の悪性腫瘍の鑑別に気管支ファイバーを使った検査入院も多く行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 79 6.5 7.8 0.0 59.5
060035xx0100xx 虫垂を含む結腸の悪性腫瘍 75 19.1 17.4 1.3 67.0
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 58 15.2 16.0 0.0 65.1
≪解説≫
  良性疾患である胆嚢疾患の他に、大腸、胃の悪性腫瘍に対する手術の件数が多くなっています。
  当科では消化器手術に積極的に腹腔鏡手術を導入しており、胃・大腸手術の約7割以上を腹腔鏡で行っています。殆どの手術に
  クリニカルパスを導入し、治療の標準化がなされています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 38 32.2 28.7 10.5 82.2
160690xx99xx0x 胸・腰髄損傷を含む胸椎、腰椎以下骨折損傷 35 22.5 21.5 0.0 77.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 24 4.2 5.7 0.0 57.3
≪解説≫
 高齢者の骨祖しょう症関連骨折の救急搬送が増加しており、上記DPCコード症例が上位となっています。
 手術後には歩行訓練などのリハビリ治療を行いますが、長期的に専門的なリハビリ治療が必要となるためリハビリ専門の病院に転院して
 いただく場合があります。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 46 12.9 9.6 0.0 62.0
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 38 9.0 7.8 0.0 56.2
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 26 20.1 12.3 11.5 63.5
≪解説≫
  当科では甲状腺悪性腫瘍、頸部悪性腫瘍いずれの場合も、比較的進行度が高く転移病巣を伴う患者さんに対し、再建術式を含む
  手術を積極的に行っており、術後の補充療法、リハビリテーションなどもやや長期にわたる患者さんが含まれることが、全国平均に比して
  在院日数が長くなる理由でもあると考えられます。慢性副鼻腔炎の手術に関しては、概ね全国平均の水準をみたしているものと考えます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 155 3.5 3.3 0.0 3.7
140620xx97xxxx その他の先天異常 92 11.1 11.8 2.2 30.4
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 82 8.2 7.4 0.0 20.4
≪解説≫
  当科では、乳幼児の母斑に対するレーザー治療の症例が一番多く行っております。
  また、血管奇形や血管腫の治療も多く行っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 63 9.8 6.3 0.0 42.4
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 33 3.8 3.1 0.0 38.9
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 20 8.4 6.5 0.0 39.8
≪解説≫
 平成27年度に当院婦人科・生殖内分泌科で治療をした患者さんの平均年齢は約40歳で、比較的若い年齢の割合が多くなって
 います。これは妊娠目的に受診されている患者さんが多いことが影響していると思われます。
 当院は一般不妊治療から内視鏡手術、高度生殖医療まで広範囲に治療を行うことができる特徴があることから、地域連携病院から
 妊娠、あるいは婦人科腫瘍の治療を目的とした患者さんが紹介され、受診されています。可能な場合は積極的に内視鏡手術で治療
 していることから、平均在院日数は腹腔鏡下手術で平均9日、子宮下手術で平均3.8日と短くなっています。
 術後も早期回復できるため、転院することなく、退院後早期に社会復帰されています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420xx97xx0x 水腎症 18 4.1 5.5 0.0 63.2
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 12 12.2 10.3 0.0 68.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 10 15.8 7.6 10.0 70.8
≪解説≫
 尿管狭窄や尿管結石に対し尿管ステントを積極的に留置しています。前立腺肥大症や早期膀胱がんに対し、お腹に傷が残らない
 経尿道的手術を第1選択に治療を進めています。
放射線診断科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 18 13.4 12.0 5.6 75.0
140620xx97xxxx その他の先天異常 11 7.1 11.8 0.0 42.4
11001xxx99x0xx 腎腫瘍 10 4.9 11.3 0.0 65.0
≪解説≫
  当院は癌治療を中心に据えた高度急性期病院という位置づけに有り、特に内科系の診療科、外科とも消化器がんに高度な医療を
  提供しているため、肝悪性腫瘍の患者数が多く、その中で、切除不可能や化学療法の効果がない患者さんが当科が提供する画像化
  治療(IVR)の対象となっています。平均在院日数は 13.4日で全国平均12.0日と同程度です。
  その他、先天異常は大部分が血管奇形ですが、当院には形成外科に血管腫・血管奇形センターが設置されており、全国から多様な
  患者さんが受診しております。当科では主に血管塞栓術による治療を行っています。平均在院日数は7.1日で全国平均11.8日と
  比較して短い期間で治療しています。全国に先駆けて当院にMRI対応冷凍手術器が導入され、腎がんの凍結治療を積極的に
  行っているため腎腫瘍の割合が多くなっています。凍結療法は身体的負担が少なく、短期間の入院で治療可能な為、平均在院
  日数は4.9日で全国平均11.3日と比較して1/2以下になっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 159 9 31 25 1 70 1 7
大腸癌 26 22 44 13 75 1 7
乳癌 36 28 13 2 2 44 1 7
肺癌 13 4 6 4 1 14 1 7
肝癌 6 10 3 6 2 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
Ⅰ定義
 ①集計期間中に退院した患者さんが対象で、実患者数を集計しています。
期間中に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返しても1件と数えます。
 ②「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。
 ③集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
 ④病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
 ⑤医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。

Ⅱ解説
   現在日本で患者数の多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)を病期(ステージ)ごとに患者数を集計したもの
   です。当院は、『北海道がん診療連携指定病院』として幅広いがんを積極的に診療しており、手術だけでなく、腫瘍内科を主体とした
   最新の化学療法も行っております。
   また緩和ケアにも取り組んでおり、ステージⅢやⅣといった症例についても数多く診療しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 9.1 65.5
重症度 1 20 12.1 70.5
重症度 2 16 28.1 72.3
重症度 3 10 19.1 77.0
重症度 4 2 15.0 74.0
重症度 5 0 0 0
不明 0 0 0
Ⅰ定義
 ①集計期間に退院した患者さんを対象にしています。
 ②この集計での成人とは15歳以上の患者さんを指します。
 ③市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
 ④入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が、『肺炎・急性気管支炎
(DPCコード040080)』さらにその中でICD-10コードがJ13~J18  であるものが対象です。
  ⑤重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システムにより分類しています。
   1.男性≧70歳、女性≧75歳 
  2.BUN≧21または脱水 
  3.酸素飽和度≦90% 
  4.意識障害(肺炎に由来する) 
  5.sBP≦90mmHG
 軽症:上記5ついずれも満たさない。 中等度:上記1つまたは2つを有する。
 重症:上記3つを有する。 超重症:上記4つまたは5つ。またはショック
 不明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの

Ⅱ解説
  重症度0~3までの症例が、全体の96%を占めています。また、年齢が高くなるほど重傷度が増す傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
対象症例がありませんでした。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 669 0.3 1.1 0.0 65.3
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 107 1.5 9.0 0.9 72.5
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 71 1.2 5.3 0.0 69.8
≪解説≫
 当科では、食道・胃・大腸の病気に対する内視鏡検査やITナイフによる早期癌の内視鏡治療を,国立がんセンター中央病院(東京)
 と連携を保ちながら最新技術を提供しています。 「苦痛のない,精度の高い内視鏡検査と治療」を目指し、早期の胃がんの内視鏡治療
 や大腸ポリープの内視鏡治療を多く行っています。
 
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(その他) 149 2.5 13.1 0.0 62.1
K783-2 抗悪性経尿道的尿管ステント留置術 27 4.9 9.8 3.7 59.2
K6111 抗悪性腫瘍剤腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(開腹) 13 10.5 23.0 0.0 65.1
≪解説≫
 当科は消化器がん,乳がん,肺がん,卵巣がんなど固形がん全般に対する抗がん剤治療と緩和医療を専門とする診療科です。ほとんどの抗がん剤は血管外に漏出すると危険な起壊死性か起炎症性に分類されます。当科では抗がん剤の静脈内投与をより確実に安全に行うために中心静脈(CV)ポートを積極的に活用しています。また,CVポートは高カロリー輸液や麻薬系鎮痛剤の投与経路としても有用です。CVポートの造設は当科で小手術として行っています。当科では胃がんを筆頭として,腹膜播種を伴う患者さんを多く治療しています。腹膜播種は尿管狭窄から水腎症を合併する頻度が高く,そのような場合には尿管ステント留置を行い,腎機能を保全しています。また,腹膜播種を伴う胃がんに対する腹腔内化学療法を先進医療と院内研究の枠組みで行っています。腹腔内化学療法は腹腔ポートを造設して抗がん剤を腹腔内に反復投与しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 1.4 3.4 4.8 74.8
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 13 1.8 4.2 7.7 71.1
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
≪解説≫
 循環器内科では、末梢動脈疾患に対する四肢の血管拡張術、労作性狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術、徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植術など、インターベーション、デバイス治療を積極的に行っております。平成28年度からは、急性冠症候群を含む循環器救急にも対応する予定で、これまで以上にインターベーション、デバイス治療に取り組んでいきたいと考えています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.7 4.6 0.0 59.8
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 82 5.0 14.9 2.4 68.3
K634 両側腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 54 1.3 2.8 0.0 66.8
≪解説≫
 当科は消化器一般外科領域に腹腔鏡・胸腔鏡を積極的に取り入れており、上位3位手術もすべて腹腔鏡下手術です。胆嚢良性疾患は、ほぼ全例腹腔鏡で行っています。結腸・直腸、胃においても高度の進行がんを除いて基本的に腹腔鏡手術を第一選択としています。その他食道、肝胆膵、鼠径ヘルニア、小腸疾患、肺においても、腹腔鏡手術を積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 35 6.8 24.3 60.0 82.1
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 29 5.4 20.8 31.0 71.3
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 24 3.3 27.5 8.3 68.7
≪解説≫
 高齢者の骨祖しょう症関連骨折の救急搬送が増加しており、大腿骨融合手術が増加した。脊椎専門の常勤医がおり、下肢・股関節疾患の専門外来(北大整形外科スタッフ)があることから、脊椎変性疾患手術、下肢人工関節手術が上位となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 (眼内レンズを挿入する場合) その他 103 2.4 3.5 0.0 73.8
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - -
K2822 水晶体再建術 (眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
≪解説≫
 当科の入院手術は白内障に対する水晶体再建術です。眼内の水晶体を除去後人工レンズを挿入しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 28 1.3 8.7 0.0 62.6
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(副鼻腔手術) 25 1.2 6.9 0.0 57.9
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみ 11 1.3 8.7 0.0 59.5
≪解説≫
 当科では通常全身麻酔手術は前日入院とし、抜糸後退院としています。鼻科手術ではタンポン抜去後、鼻洗等を行って出血のないことを確認後退院としています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0033 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径6cm以上) 90 1.7 8.2 1.1 26.8
K0032 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径3cm~6cm未満) 23 1.3 4.5 0.0 24.3
K6252 リンパ管腫摘出術(長径5cm以上) 18 1.5 6.7 0.0 13.6
≪解説≫
  当科での血管腫(皮膚の血管が異常に拡がったり、増えたりしてできるできもの)の治療件数は全国でもトップレベルであり、全国の医療機関より診断・治療のご紹介を受けております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 44 1.0 7.4 0.0 40.0
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 40 1.0 2.3 0.0 42.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 35 0.9 6.5 0.0 37.9
≪解説≫
 平成27年度に当院婦人科・生殖内分泌科で治療をした患者さんの平均年齢は約40歳で、比較的若い年齢の割合が多くなっています。これは妊娠目的に受診されている患者さんが多いことが影響していると思われます。
 当院は内視鏡手術に積極的に取り組んでいることから、術後の平均入院日数は腹腔鏡下手術で平均8.4日、子宮鏡下粘膜下筋腫核出手術で平均3.3日と短くなっています。術後も早期回復できるため、転院することなく、退院後早期に社会復帰されています
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 1.0 2.4 0.0 62.7
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 19 1.9 10.1 0.0 72.7
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 13 1.4 10.2 0.0 70.2
≪解説≫
  尿管狭窄や尿管結石に対し尿管ステントを積極的に留置しています。前立腺肥大症や早期膀胱がんに対し、お腹に傷が残らない経尿道的手術を第1選択に治療を進めています。
放射線診断科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 16 1.1 4.2 0.0 47.4
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 14 1.6 12.4 7.1 77.9
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
≪解説≫
  K6153:動静脈奇形、腎がんや転移性骨腫瘍の凍結療法前の動脈塞栓術の症例数です。手術前の入院日数は主に術前検査の
        ため、手術後は治療に伴う症状改善の期間です。
  K6152:肝細胞がんの経カテーテル動注化学塞栓術の症例数です。手術前の入院日数は主に術前検査のため、手術後は治療に
        伴う肝機能障害に要する期間です。
  K783-2:腎がん凍結療法によってダメージを受けた尿管の狭窄改善処理で泌尿器科に依頼して実施しています。
  
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 13 0.05
180010 敗血症 同一 16 0.25
異なる 2 0.03
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.16
異なる 2 0.03
≪解説≫
  この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病) の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。


更新履歴
H28.09.28
新規公表(平成27年度データ:様式1、様式4、Dファイル)