診療のご案内

婦人科・生殖内分泌科

  • 婦人科・生殖内分泌科トップ
  • 婦人科 内視鏡手術専門外来
  • 子宮頸がん予防ワクチン接種のご案内
  • 一般不妊検査と治療
  • 体外受精・胚移植

婦人科内視鏡手術専門外来

当院生殖内分泌科・婦人科では腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、卵管鏡下手術に2名の日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本生殖医学会生殖医療専門医を含むチームで積極的に取り組んでおり、2012年4月から婦人科内視鏡手術専門外来を開設しました。
専門外来は日本産科婦人科内視鏡学会の技術認定医が担当します。外来日は外来予定表をご覧ください。
当院では同一施設内で、一般不妊治療から体外受精、筋腫核出術、卵管形成術などの手術療法まで様々な治療を行うことができる公的病院の特徴を生かして患者さんご夫婦と外来時間外にゆっくりと話し合い、治療方針について決定しています。

また、子宮全摘出術などの婦人科手術も可能な限り、開腹手術に比べて美容性に優れ、短期間で回復できる腹腔鏡下手術で行っています。
当院で内視鏡下手術を希望される患者さんだけでなく、ご相談のみの患者さんも是非ご利用ください。
受診のご予約、お問い合わせは婦人科外来(直通電話:011-231-2319)までお願いします。

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術は、麻酔下に10mmの臍切開部からカメラを挿入しておなかの中を観察し、下腹部2~3箇所の5~10mm切開部から挿入した鉗子を操作して、病巣を切除する手術です。腹腔鏡下手術の利点として
1, 術後の痛みが少なく、回復も早いこと
2, 美容的に優れていること
3, 腹腔内の術後癒着が少ないことがあげられます。

卵巣腫瘍手術、卵管形成術、子宮筋腫核出術をはじめ、出産経験がなく膣が狭いため開腹して摘出する必要があった子宮も腹腔鏡下に摘出が可能ですが、疾患の状態によっては初めから開腹手術を選択、あるいは癒着が強固な場合などには術中に開腹手術に移行する必要がある場合もあります。当院では不妊治療も積極的に行っており、術後に妊娠の可能性を損なわないように細心の注意をはらっております。腹腔鏡下手術は腹腔内の術後癒着が少ないため不妊治療にも有用です。

通常の腹腔鏡下手術でも十分に低侵襲ですが、さらなる低侵襲な手術を目指して2009年3月より全国に先駆けて、臍の窪みの中を切開して、1ヶ所の傷からカメラと複数の鉗子を挿入して腹腔鏡下手術を行う単孔式手術を導入し、2012年3月までに約100例施行しています。

通常の臍部1ヶ所と下腹部2~3ヶ所を切開する方法と比較して、術後の傷が臍の窪みの中に隠れてしまうので術後の傷を目立たなくしたい患者さんに有用です。すべての疾患に適応があるものではありませんので、手術適応については外来担当医にご相談ください。

手術法について

腹腔鏡下子宮外妊娠手術
腹腔鏡下子宮外妊娠手術
卵管を切除する方法と、卵管を温存して子宮外妊娠の病巣のみを摘出する方法があります。卵管を温存した場合、卵管が再開通する事もありますが、同じ場所に再度子宮外妊娠を繰返すことがあります。子宮外妊娠の位置、腹腔内出血の量によっては始めから開腹手術を選択することもあります。
  • 入院期間 約7日間
  • 通常の生活に戻るまでの自宅療養期間 1~2週間程度
dummy

子宮鏡下手術

子宮鏡下手術はおなかを切らずに経膣的に子宮の中に直径約7 mm内視鏡を挿入し、子宮腔内に液体を灌流しながら視野を確保して鉗子を操作し治療する手術です。 子宮の内腔に向って発育した粘膜下筋腫や内膜ポリープの切除や子宮奇形、子宮腔癒着症の治療が可能です。

当院では2004年1月~12月の1年間で116例の不妊症例に子宮鏡検査を行い、51例(44.0%)に子宮内腔病変が認められました。子宮内腔病変があるにもかかわらず無治療で経過観察した27例の妊娠率は33.3%で、子宮内腔病変がなかった65例の妊娠率56.9%と比較して有意に低下していました。

不妊症でいろいろな検査をしてもなかなか妊娠しない患者さんの中には超音波検査や子宮卵管造影検査では診断できないほど小さな子宮内腔病変があることがあるため、当院では不妊症に対しては全例子宮鏡検査を行い、異常があれば治療を行っています。

dummy

卵管鏡下手術

卵管周囲の癒着あるいは、卵管内腔の閉塞のために卵管閉塞があると不妊の原因になりますが、腹腔鏡下に卵管の周囲の癒着剥離を行なう事ができます。卵管内腔の癒着が原因の場合は卵管鏡を用いて卵管鏡下卵管形成術を行います。卵管内腔をカテーテル状の細い風船を用いて優しく広げていく方法です。

このページの先頭へ