診療のご案内

生殖内分泌科

 婦人科  生殖内分泌科  一般不妊検査と治療
 体外受精・胚移植  内視鏡および内視鏡下手術  がん生殖医療

斗南病院生殖内分泌科のご紹介

当科は生殖医療部門の専門性を高めた診療科として、平成13年4月に産婦人科から分離してつくられ、平成14年4月に不妊・内分泌科から生殖内分泌科に名前を変更しました。
不妊症、不育症、内分泌(ホルモン)疾患、内視鏡下手術(腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡)を対象とする診療科です。平成元年5月より斗南病院に体外受精が導入され、札幌で初めて体外受精児を誕生させた長い歴史があります。

生殖医療専門医と内視鏡下手術技術認定医の資格を持つ逸見博文医師が、生殖内分泌科、婦人科医師、2名の胚培養士と連携して生殖内分泌科の診療を行っています。その他、当院常勤の泌尿器科医師の協力により、精巣内精子を用いた顕微授精やその他の男性不妊症などにも対応しています。

また、平成20年に採卵室がリニューアルされ、快適な環境で治療を受ける事ができるようになりました。

日本生殖医学会、日本受精着床学会、日本産科婦人科内視鏡学会などの生殖医療分野、内視鏡手術分野の学会への積極的な発表、参加を行い、広い知識、技術を取り入れることで日常診療に役立てられるように心がけています。
また、患者さんへの十分な説明と納得していただいた上での治療方針決定を心がけており、誠意と優しさが斗南病院生殖内分泌科のモットーです。

日本生殖医学会生殖医療専門医制度

生殖医療専門医制度は日本生殖医学会が生殖医療の指導者の資格として平成16年にスタートしました。生殖医療専門医として備えておくべき標準的な知識や技術に到達しているかどうかを厳正な筆記試験、面接試験で審査され、合格したものが生殖医療専門医として認定されます。

日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医制度

日本産科婦人科内視鏡学会の会員が規則に定められた要件(腹腔鏡手術の経験が100例以上ある、手術を撮影したビデオ審査に合格など)を満たした上で認定申請を行い、必要な審査手続きを経た上で、合格した医師が産婦人科領域における内視鏡手術に関する技術認定医として認定されます。

スタッフ紹介

逸見 博文 医師
平成6年に札幌医大を卒業後、札幌医大不妊内分泌研究チーム、斗南病院生殖内分泌科で不妊症、不育症を専門にしています。内視鏡下手術も積極的に行なっており、平成22年7月31日東京で行われた第50回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会で発表した演題 ”安全に臍部単孔式腹腔鏡下手術を施行するための工夫” が学会賞を受賞しました。
<資格>
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会生殖専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡)
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本不妊カウンセリング学会体外受精コーディネーター
曽山 浩明 医師
平成20年防衛医大を卒業。平成26年から北海道に来ました。 よろしくお願いします。
<資格>
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 新生児蘇生インストラクター
金澤 朋扇 胚培養士
卵子や精子などを専門に取り扱う胚培養士の金澤朋扇技師です。平成10年より斗南病院生殖内分泌科培養室業務を担う経験豊かな胚培養士です。
<資格>
  • 日本臨床エンブリオロジスト学会認定臨床エンブリオロジスト
奥河 朱希 胚培養士
平成24年より新たに奥河朱希胚培養士が勤務しました。金澤技師同様に経験豊かな胚培養士です。
外来看護師・受付スタッフ
不妊カウンセラーの資格を持つ看護師をはじめ、スタッフ全員で親切、丁寧な対応を心がけております。心配、不安な事がありましたら、いつでもお声をかけてください。
<資格>
  • 日本不妊カウンセリング学会不妊カウンセラー(斎藤看護師)
このページの先頭へ