診療のご案内

形成外科

  • 形成外科トップ
  • 形成外科で扱う疾患
  • 形成外科Q&A

形成外科Q&A

形成外科と美容外科ってどう違うの?
形成外科は外科系診療科の中の一専門分野であり、大別して二つの専門領域があります。 『再建外科』と『美容外科』です。組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とするのが「再建外科」であり、疾患とは言えないが、ご自身が大変気にしている微妙な形状を治療対象とするのが「美容外科」です。いずれも、<QOLの向上に貢献する>という点ではかわりませんが、医療法上は各々独立した標榜科になっています。
さらに分かりやすく言うと。。。「形成外科では見た目や機能の病的な異常を、手術などの治療で正常に近づけることが主な目標になります。一方美容外科では、病的でない正常な外観を更に改善するために手術を行います。手術方法はお互いによく似ていますが、その対象となる疾患も目的も少しづつ異なります。
しかし形成外科的な手術、具体的には交通事故の外傷、乳がん切除後の乳房の再建などの治療をする場合にも、そこにはやはり美容外科的な要素を要求されることが多いものなのです。そして美容手術の手技はそのほとんどで形成外科のテクニックが基礎になっています。つまりこの二つの外科領域は、お互いに持ちつ持たれつ、車の両輪のような関係にあるといえるのです(『?形成外科!』野崎敏彦)」
整形外科と形成外科ってどこがちがうの?
整形外科は、手足の筋肉、骨・関節と脊椎(背骨)の病気・外傷を扱う専門家です。手の外傷などは、整形外科でも形成外科でも扱います。また、四肢体幹の骨の専門は整形外科ですが、顔面骨、顎の骨の外傷は、形成外科で治療しています。
(斗南病院で)育成医療はうけられるの?
当院は指定育成医療機関です。入院が決まり次第、ご相談ください。
このページの先頭へ