札幌の都市型急性期病院 国家公務員共済組合連合会 「斗南病院」

所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3-8
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分
病院機能認定評価が追加されました

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら TEL 011-231-2121

形成外科

形成外科

形成外科とは

形成外科は何らかの理由によって体に生じた変形や欠損などを、さまざまな手法を駆使して、機能も含めて本来あるべき姿により近い状態に再建したり、整容的によりきれいにすることを目的とした外科系の診療科です。
形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。

主な診療内容

形成外科で扱う疾患を(頻度が多いものを中心に)具体的にあげてみましょう。
(より詳しく知りたい方は北海道大学形成外科日本形成外科学会の「形成外科で扱う疾患」ホームページをごらんください。

  • 熱傷(やけど)
  • 外傷(切りキズ、すりキズなど)
  • 顔面骨骨折(鼻骨骨折・頬骨骨折・ブローアウト骨折・上下顎骨骨折)
  • 母斑・色素斑(あざ・しみ)
  • 血管腫
  • 皮膚・皮下(良性)腫瘍 (皮下のできもの)
  • 皮膚(悪性)腫瘍(皮膚のできもの)
  • 褥瘡・難治性潰瘍(床ずれ・慢性の皮膚潰瘍)
  • 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド(もりあがった傷跡やそれによる突っ張り)
  • 腋臭症(わきが)
  • 陥入爪
  • 眼瞼下垂(上まぶたが重い)
  • 先天異常(生まれつきの変形)
  • 他科での手術の後の組織欠損(たとえば乳房再建など)

形成外科の治療について

「形成外科とは」の項で述べましたように、形成外科の目標とするところは、単に病気を治すばかりではなく、いろいろな手技を駆使することで、形態・機能を回復し、生活の質(QOL; quality of life)を向上させるところにあります。

形成外科でおこなう手技

  • 縫 合
  • 植 皮
  • 皮 弁
  • ティッシュー・エキスパンダー
  • マイクロサージャリー
  • レーザー治療
  • 内視鏡手術
  • 頭蓋顎顔面骨延長

形成外科で扱う疾患

形成外科で扱う疾患

熱傷(やけど)
いわゆる"やけど"ですが、受傷の原因・部位・範囲・深さ・年齢などによって重傷度・治療法など も異なってきます。
例えば、「深さ」をとっても、赤くなるだけで数日以内に軽快するもの(Ⅰ度熱傷といいます)から皮膚の全層やその下の組織までがダメージをうけた最も深いやけど(Ⅲ度熱傷といいます)までの4つの段階に分けられています(II度が2つの段階)、またある一定以上の深さの熱傷では治った 後も赤く、もり上がった跡(瘢痕)が残る場合があります。
また、重傷度(決め方にはいくつかの方法があります)に関しても、通院だけで治療可能なものから、入院して全身管理が必要となるものまで、また保存的治療から手術を必要とするものまで、様々です。いずれにしても早期治療が重要です
外傷(切りキズ、すりキズなど)
皮膚の損傷に関しては、程度に応じて、保存的に治療が可能なものから、デブリードマン(汚れた組織を除去する)・縫合などの処理が、さらには植皮(皮膚移植)などの外科手術が必要なものまであります。
顔面骨骨折
顔面骨骨折には、折れた場所によって鼻骨骨折・頬骨骨折・ブローアウト骨折・上下顎骨骨折またはそれらが同時に起こったものなどに分類されます(同じ骨折でも折れ方によっていくつかの種類にわけられる場合 もあります)。骨折によっては、顔面の変形・知覚の異常・開口障害・複視(ものが二重にみえる)といった後遺障害が残るものもあり、手術が必要となる場合もあります。
母斑・色素斑(あざ・しみ)
いわゆる母斑とは生まれつきのあざ(赤あざ・黒あざ・青あざ等)のことで、色素斑は加齢に伴う皮膚の色素沈着です。一般的には、レーザーが中心の治療になります(症例によっては手術も行います)。
皮膚・皮下(良性)腫瘍
一般に"ほくろ"と呼ばれるものの大部分はこれにあたります。他には粉瘤・脂肪腫・脂漏性角化症などどいったものが頻度の高い皮膚良性腫瘍です。
皮膚(悪性)腫瘍
皮膚の癌で、代表的なものに、悪性黒色腫・有棘細胞癌・基底細胞癌といったものがあります。ある程度特徴的な外見・病態を示しますが、切除して細胞レベルで詳しく調べないと(病理組織検査といいます)はっきり分からない場合もあります。悪性度も種類により異なります。基本的には、手術を中心とした治療がスタンダードとなり、腫瘍の種類によっては化学療法・放射線療法などを合わせた集学的治療が必要になります。
瘢痕・ケロイド・瘢痕拘縮
熱傷・外傷・ピアス・手術の傷跡・虫刺されなどが原因となり(原因不明の場合もあります)皮膚が赤く硬く盛り上がってくる疾患です(ときにそれが原因で皮膚がつっぱり動きが悪くなってしまったりします)。治療は、外科的なもの、保存的なもの(ステロイドの外用、注入など)、放射線照射など程度・部位等によってさまざまですが、『真性ケロイド』では治療に苦慮するケースも少なくありません。
腋臭症・多汗症
いわゆる「ワキガ」と呼ばれるものですが、当院では「剪除法」を用いて治療します。(保険診療)
陥入爪
足の指(特に母趾)の爪が変形して周囲の皮膚に突き刺さるようになり、痛いだけでなく、ときに発赤・感染・肉芽形成をきたす疾患です。ハイヒールを履く現代人の病気ともいわれています。重症度もさまざま(骨の変形をともなう場合もあります)で、それに合わせて治療も多くの方法があります。
眼瞼下垂
先天的なもの・加齢によるもの・外的原因によるもの(白内障手術後、コンタクトレンズの装着)などがあります。特に多いのが加齢による眼瞼下垂です(保険診療)。上まぶたが垂れ下がって眼があがりづらい・まぶたが重苦しい・視野が狭くなる等の症状が現れます。
さらに、代償的に前頭筋(眉毛をあげることで眼をあけようとする)が過度に使われるため頭痛がしたり、頭が重かったりといった症状もでてくるようです。原因には、加齢による皮膚のたるみ、上眼瞼挙筋(まぶたを上げる筋肉)の機能低下、瞼板における上眼瞼挙筋の付着部の離脱等があり、それらを見極めてから治療(手術)をおこないます(保険診療)
先天異常
生まれつきの(外表性)変形
唇裂・口蓋裂
手足の奇形

形成外科Q&A

形成外科Q&A

形成外科と美容外科ってどう違うの?
形成外科は外科系診療科の中の一専門分野であり、大別して二つの専門領域があります。 「再建外科」と「美容外科」です。組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とするのが「再建外科」であり、疾患とは言えないが、ご自身が大変気にしている微妙な形状を治療対象とするのが「美容外科」です。いずれも、<QOLの向上に貢献する>という点ではかわりませんが、医療法上は各々独立した標榜科になっています。

さらに分かりやすく言うと、「形成外科では見た目や機能の病的な異常を、手術などの治療で正常に近づけることが主な目標になります。一方美容外科では、病的でない正常な外観を更に改善するために手術を行います。手術方法はお互いによく似ていますが、その対象となる疾患も目的も少しづつ異なります。
しかし形成外科的な手術、具体的には交通事故の外傷、乳がん切除後の乳房の再建などの治療をする場合にも、そこにはやはり美容外科的な要素を要求されることが多いものなのです。そして美容手術の手技はそのほとんどで形成外科のテクニックが基礎になっています。つまりこの二つの外科領域は、お互いに持ちつ持たれつ、車の両輪のような関係にあるといえるのです(『?形成外科!』野崎敏彦)」
整形外科と形成外科ってどこがちがうの?
整形外科は、手足の筋肉、骨・関節と脊椎(背骨)の病気・外傷を扱う専門家です。手の外傷などは、整形外科でも形成外科でも扱います。また、四肢体幹の骨の専門は整形外科ですが、顔面骨、顎の骨の外傷は、形成外科で治療しています。
(斗南病院で)育成医療はうけられるの?
当院は指定育成医療機関です。入院が決まり次第、ご相談ください。

斗南病院

お一人でお悩みではありませんか? お悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら TEL 011-231-2121

所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3-8
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分
Copyright (C) TONAN HOSPITAL All Rights Reserved.