診療のご案内

形成外科

  • 形成外科トップ
  • 形成外科で扱う疾患
  • 形成外科Q&A

形成外科とは

形成外科は何らかの理由によって体に生じた変形や欠損などを、さまざまな手法を駆使して、機能も含めて本来あるべき姿により近い状態に再建したり、整容的によりきれいにすることを目的とした外科系の診療科です。
形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。

主な診療内容

形成外科で扱う疾患を(頻度が多いものを中心に)具体的にあげてみましょう。
(より詳しく知りたい方は北海道大学形成外科日本形成外科学会の『形成外科で扱う疾患』ホームページをごらんください。

  • 熱傷(やけど)
  • 外傷(切りキズ、すりキズなど)
  • 顔面骨骨折(鼻骨骨折・頬骨骨折・ブローアウト骨折・上下顎骨骨折)
  • 母斑・色素斑(あざ・しみ)
  • 血管腫
  • 皮膚・皮下(良性)腫瘍 (皮下のできもの)
  • 皮膚(悪性)腫瘍(皮膚のできもの)
  • 褥瘡・難治性潰瘍(床ずれ・慢性の皮膚潰瘍)
  • 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド(もりあがった傷跡やそれによる突っ張り)
  • 腋臭症(わきが)
  • 陥入爪
  • 眼瞼下垂(上まぶたが重い)
  • 先天異常(生まれつきの変形)
  • 他科での手術の後の組織欠損(たとえば乳房再建など)

形成外科の治療について

『形成外科とは』の項で述べましたように、形成外科の目標とするところは、単に病気を治すばかりではなく、いろいろな手技を駆使することで、形態・機能を回復し、生活の質(QOL; quality of life)を向上させるところにあります。

形成外科でおこなう手技

  • 縫合
  • 植皮
  • 皮弁
  • ティッシュー・エキスパンダー
  • マイクロサージャリー
  • レーザー治療
  • 内視鏡手術
  • 頭蓋顎顔面骨延長
このページの先頭へ