診療のご案内

耳鼻咽喉科

  • 耳鼻咽喉科トップ
  • 耳鼻咽喉科疾患
  • 頭頚部腫瘍

耳鼻咽喉科疾患

斗南病院耳鼻咽喉科では中耳炎,難聴,めまい,慢性副鼻腔炎,アレルギー性鼻炎,扁桃炎,咽喉頭炎など耳鼻咽喉科一般診療のほか,特に頭頚部腫瘍の診断および治療に力を入れています。
(頭頚部腫瘍-耳鼻咽喉科領域の腫れものについて詳しくお知りになりたい方はこちら)

耳鼻咽喉科一般で扱う主な各器官の機能

  • :音を聞く働き,体のバランスを保つ働き
  • :においを感じる、吸気に湿気を与えるなどの働き
  • のど:飲み込む、話す、呼吸をするなどの機能
  • 口の中:食べる、味を感じるなどの機能

耳鼻咽喉科一般で扱う主な疾患

症例 聞こえが悪くなる、耳だれが出る、耳が痛くなる、めまいがするなど
病名 外耳道炎  耳垢(みみあか) 鼓膜穿孔 中耳炎:急性中耳炎 慢性中耳炎 滲出性中耳炎 真珠腫性中耳炎  難聴 耳鳴(みみなり) 
メニエール病  良性発作性頭位眩暈症など
症例 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、顔の痛み、臭いがしないなど
病名 アレルギー性鼻炎 慢性副鼻腔炎 鼻茸 鼻出血 鼻骨骨折 嗅覚障害等
のど 症例 のどの痛みや異常感、声がかすれる、飲み込みずらい、息がしずらいなど
病名 扁桃炎 咽喉頭炎 扁桃肥大 アデノイド肥大 咽喉頭異常感症 声帯ポリープ いびき 睡眠時無呼吸など
口の中 症例 口の中の痛み、しみる、味がわからないなど
病名 口内炎  舌炎  味覚障害など
くび 症例 首が腫れる、痛むなどの症状が出ます
病名 唾液腺炎 リンパ節炎 頚部嚢胞 甲状腺炎など
その他 病名 顔面神経麻痺 食道異物 耳鼻咽喉科領域の腫瘍性疾患

頭頚部腫瘍

耳鼻咽喉科頭頚部外科では頭と目を除いた首から上の領域の病気を扱います。そこの部分より発生した腫瘍が頭頚部腫瘍であり、良性のものと悪性のものがあります。以下に主な頭頚部腫瘍を列記します。

  • 鼻副鼻腔良性腫瘍およびがん
  • 唾液腺(耳下腺,顎下腺)良性腫瘍およびがん
  • 口腔(舌をふくむ)良性腫瘍およびがん
  • 咽頭良性腫瘍およびがん
  • 喉頭良性腫瘍およびがん
  • 甲状腺良性腫瘍およびがん
  • 外耳および中耳良性腫瘍およびがん
  • 転移性リンパ節腫瘍

頭頚部領域は話す、噛む、飲み込むなど機能に関係する場所であるので手術の際には極力機能を損なわないことが求められますし、手術する部位が顔や首という見える場所のために美容的な配慮も必要とされます。しかしながら特に悪性のものでは病気を治す目的から機能や外観をどうしても犠牲にせざるを得ないこともあります。

斗南病院耳鼻咽喉科では頭頚部腫瘍の治療経験が豊富で、悪性の頭頚部がんだけでも約20年の間に1,000例以上の症例を扱ってきました。早い段階から高度な技術を要するマイクロサージャリ-を用いた遊離組織による再建術を導入し、また可能な限り機能を温存する縮小手術も積極的に行っております。

遊離組織による再建術は今までに500例以上行っており、一般的には喉頭(いわゆるのど仏)を摘出して声を失ってしまうことの多い喉頭癌や下咽頭癌に対しても声を失わないように喉頭を温存する手術も数多く手がけております。もちろんすべての症例にということは不可能ですがこれらの技術を用いることにより、機能や美容上の犠牲を最小限にする努力を行っています。

このページの先頭へ