診療のご案内

麻酔科

当科では外科、耳鼻咽喉科、整形外科、婦人科、泌尿器科、眼科、皮膚科の手術、年間約1500例を担当しています。
麻酔科医のおもな仕事は、手術中の呼吸状態の管理、血圧や心拍数の管理などです。手術が安全に行われるように、患者さんの状態に常に気を配っています。
麻酔科管理のほぼ全例に手術前面談というものを行っていますが、これにより患者さんの麻酔に対する認識を深め不安を軽減させています。また、麻酔科医と患者さんとの信頼関係を築くためにも欠かせないことです。
手術当日は、患者さんにリラックスしてもらうために、麻酔導入と覚醒の時に音楽を流しています。これも出来る限り患者さんのリクエストに応えるように勤めています。
当院における麻酔は、硬膜外麻酔の併用が多いことと、全静脈麻酔(TIVA)の占める割合が高いのが特徴ですが、いずれも最先端の手法で質の高い医療の実践を心掛けています。
このページの先頭へ