診療のご案内

婦人科

 婦人科  生殖内分泌科  一般不妊検査と治療
 体外受精・胚移植  内視鏡および内視鏡下手術  がん生殖医療

斗南病院婦人科のご紹介

斗南病院婦人科では、女性のライフサイクルにおけるQOLの向上を目指し、各種婦人科疾患に対し、様々な外科的医療(低侵襲手術)および内科的医療を提供しています。札幌中心部で駅に近いという、病院の好立地を生かし、周辺および地方都市の婦人科クリニックや内科クリニックから、積極的に紹介患者様を受け入れており、連携強化に努めています。
具体的な治療対象としては、以下のようなものがありますが、その他、些細なことでも結構ですので、何でもお気軽に御相談下さい(女性医師も常勤しております)。

婦人科担当医師

長澤 邦彦 医師(平成11年 札幌医科大学卒)

〈学会認定資格〉
日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医
池田 詩子 医師(平成11年 防衛医科大学卒)

〈学会認定資格〉
日本産科婦人科学会専門医
●婦人科良性腫瘍
ほぼ全て、腹腔鏡手術(条件が揃えば単孔式手術)もしくは子宮鏡手術で行います。手術を行わない場合は、薬物療法(黄体ホルモン製剤、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬、子宮内黄体ホルモン放出システムなど)を行います。対象は限られますが、症状緩和目的に、当院放射線科と連携して、子宮動脈塞栓術や凍結療法を行う場合もあります。
〈主な対象疾患〉
子宮内膜症(子宮腺筋症も含みます)
子宮筋腫(粘膜下子宮筋腫の場合は積極的に子宮鏡手術を行います)
卵巣腫瘍
子宮内膜ポリープ

特に、子宮内膜症の場合は、上記の手術療法と薬物療法を上手く組み合わせて最大限の治療もしくは進行抑制効果が得られるようにします。

●婦人科悪性腫瘍
適宜必要に応じて、札幌医科大学婦人科、当院腫瘍内科当院放射線科と連携して集学治療(手術療法、抗癌剤治療、放射線療法の組み合わせ)を行います。
〈主な対象疾患〉
子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌
●婦人科緊急疾患(婦人科急性腹症)
ほぼ全て、緊急腹腔鏡手術で対応します。
〈主な対象疾患〉
卵巣腫瘍茎捻転・破裂、子宮外妊娠、骨盤腹膜炎(子宮付属器膿瘍)
●月経に伴う異常
月経困難症、月経緊張症候群、過多月経、月経周期異常などです。まずは、それぞれの患者様が持つ固有の原因を明らかにし、それらに応じて、最も適した薬物療法や手術療法を、相談しながら行っていきます。
●その他、婦人科で対応すべき、癌検診、更年期障害、避妊、骨盤臓器脱などに対しても、広く診療を行っております。
このページの先頭へ