診療のご案内

病理診断科

主な診療内容

病理診断科の主な仕事は、採取された細胞、生検組織、手術によって取り出された臓器や組織の顕微鏡で調べ、臨床情報を参照して総合的に判断を行います。 当科では年間組織診約5000件台、細胞診7000件台、術中迅速病理は100件前後を2名の常勤病理医で担当しています。より専門的な診断が必要とされる場合には非常勤の病理医に判断を仰ぎ、また外部の機関や北海道大学の病理部門との 連携を持ちながら総合的に診断にあたっています。 定期的に行われる臨床科とのカンファレンスを通じて患者さんの情報を共有し、診断に役立てています。
このページの先頭へ