教育プログラム

当院では、現任教育委員会を中心とし、様々な教育プログラムを毎年計画しています。
平成22年度より、「新人教育指針ガイドライン」の沿った卒後教育研修を取り入れました。その他に、院内委員会企画による研修会、学会予行会なども行っております。

教育目標

  1. 斗南病院の看護職員としての各ステージに応じた看護実践能力を習得する。
  2. 看護職としての豊かな人間性を養うと共に専門職業人としての自覚をもち、専門能力、態度を養う。
  3. 段階別教育の内容を充実させ看護の質を高める。

クリニカルラダーによる教育プログラム

共済組合連合会共通のクリニカルラダーを使用しています。ラダーを使用することで、自分の強み・弱みを上司との面接で明確化し、年度目標に反映させるようにしています。
目標管理として、当院では平成22年度よりBSCによる目標管理を導入しています。

院外研修内容

  1. 卒後教育
    「新人教育指導指針」に基づいた研修内容の実施。
    それ以外にも、「化学療法の基礎」「疼痛アセスメント」などの研修も予定。
  2. 新卒者以外の職員研。
    キャリアラダー研修の一部
    • ・ラダーII・・・緊急時の看護・看護研究・感染に関する研修(院外)など
    • ・ラダーIII・・・キャリアアップ研修・がん看護に関する研修(院外)・医療安全関連の研修など
    • ・ラダーIV・・・副師長対象
  3. 専門領域における研修
    認定看護師による皮膚・排泄ケア、緩和ケア、がん化学療法分野

院外研修

主に北海道看護協会の研修への参加となります。それ以外に、いろいろな学会での発表も行えるよう努力しています。

平成25年度 学会発表実績

  • ・日本クリニカルパス学会(座長賞)
  • ・日本内視鏡外科学会(座長賞)
  • ・日本看護学会 小児看護
  • ・日本看護学会 看護管理
  • ・日本看護学会  地域看護
  • ・日本環境感染学会
  • ・死の臨床研究会
  • ・共済医学会

認定看護師を目指す方への支援

病院全体として、認定看護師を目指すスタッフへの支援を行っています。
例えば、研修期間中の給料一部補償や、認定取得後は学会参加への支援・医師との共同研究などの機会もあります。

新人教育制度について

プリセプター制を導入し、プリセプティーの成長への手助けを行っています。

また、平成22年より「新人教育指導指針ガイドライン」に基づいた研修を予定し、入職時よりほぼ1年間にわたり、看護部主催による集合教育の他、医療安全・感染など、技術・安全管理・チーム医療などの面からの教育プログラムも行っています。

臨時実習について

看護学生や未就業看護師のための研修受け入れを行っています。実習を通し、私たちも学生さんと共に成長できるよう心がけています。

主な実習受け入れ(平成25年度)

  • ・天使大学
  • ・文教大学
  • ・北海道医療大学 認定看護研修センター(がん化学療法・皮膚排泄ケア・感染管理分野)
  • ・北海道医療大学 大学院(がん分野)
  • ・札幌市立大学 大学院(がん分野)