専門看護師・認定看護師のご紹介

専門看護師・認定看護師は、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかります。

がん看護専門看護師

松永 直子(がん看護専門看護師)

がん看護専門看護師は、主に「がん患者さんやご家族の不安・困りごとなど相談の対応」「チーム医療で活動する時のメディカルスタッフ間の意見調整」「看護師からの相談の対応や指導・教育」などの役割があります。

私は、相談支援室や緩和ケアチームに所属しがん看護専門看護師として活動しています。

例えば、痛みなどの症状をマネジメントするサポートをしたり、告知、治療・療養場所の選択における精神的なつらさや苦しみに対してトータルケアを行えるように他職種と協働しています。がんと共に生きている方やご家族の苦痛が少しでも和らぎ、望む生活が送れるような支援をスタッフとともに行いたいと思っています。どうぞお気軽にお声をかけてください。

創傷・オストミー・失禁 認看

加藤 奈美(外来副師長)、大澤 恵子(6階病棟)

看護の基本となるスキンケア、排泄ケアをメインとして入院中から外来受診の方も幅広くサポートしています。

傷に関すること、床ずれに関しては、形成外科や栄養科と連携をとり専門的なケアを提供しています。

また、排泄障害ある方には、状態に合わせたパットの紹介や排便コントロール、オムツかぶれなどのスキンケアも含めてケアを行います。人工肛門や人工膀胱、胃ろう、腸ろうなどを造設されている方の生活指導、トラブル相談は当院のみならず他院で造設された方にも対応していますので各外来でお気軽にご相談ください。

緩和ケア認定看護師

井野 明子(副看護部長)

緩和ケアというと、がんの終末期に受けるものをイメージされる方がおられますが、緩和ケアは「がん」と診断された時から対象となります。

緩和ケア認定看護師は、がんと共に歩んでいる患者さんが、その人らしく生活できるよう心身の苦痛を積極的に緩和し、患者さんとご家族を支えていきます。また、院内どこにいても緩和ケアが受けられるように、医師・看護師・薬剤師・理学療法士などの他職種からなる緩和ケアチームの一員としての活動も行っております。

さらに、がん看護委員会を通して、各部署のリンクナースと共に、より良いケアについての検討や、緩和ケアに関する研修会を企画・運営し、看護師の緩和ケアに関する知識・技術やアセスメント能力を高める為の取り組みを行っています。

また、毎月第3火曜日に、患者さん、ご家族へ向けたがんサポートの会を開催しておりますので、いつでも気軽にお声をかけてください。いろいろなお話をお聞かせいただけたらうれしいです。

がん化学療法看護認定看護師

光野 薫(外来化学療法センター副師長)、経田 香織(5階病棟)

がん化学療法は、分子標的治療薬の登場や支持療法の進歩により、治癒を目指す治療から症状緩和の治療とあらゆる目的で行われるようになりました。

私たち、がん化学療法看護認定看護師は、化学療法を受ける患者さんが安全により安心して治療を継続できるように、環境を整え、患者さん中心の治療を受けられるように支援する役割を担っています。

また、治療経過を通して、医師・看護師・薬剤師・メディカルソーシャルワーカー・理学療法士など、多くの医療者が協働して、患者さんがより良い生活を送れるように日々支援をしています。

治療内容や治療に関する気がかり、ご質問ご相談はいつでもお受けしますので、お気軽にお尋ねください。


感染管理認定看護師

三宅 隆仁(医療関連感染対策室副師長)

私は現在、病院内で感染管理の仕事を専門に活動しています。感染管理とは、患者さんや職員をはじめとする病院内の全ての人を感染から守る活動のことをいい、感染予防活動の推進、感染症患者様への感染対策の助言、病院職員への啓発活動等を主な仕事としています。

時々新聞やワイドショーで取り上げられる「院内感染」という言葉は、患者さんが医療機関で治療を受けている間に新たな感染症に罹ってしまうことを言います。院内感染に罹ってしまうと、患者様は発熱や痛みといった身体的苦痛を感じるだけではなく、入院期間の延長による精神的苦痛や経済的苦痛を受けることにもなります。

    

そのため、患者さんが院内感染に罹ることなく、安全で快適な入院生活を送ることができるよう、影ながらサポートさせていただいています。        

2009年に大流行した新型インフルエンザ(A/H1N1 pdm09)のように、感染症は、いつ、どこで発生するのかわかりません。どのような状況においても病院全体で迅速に感染予防・管理活動を実施できるようにしていくことが私の目標です。